2017/11/19

裏妙義 紅葉谷

今年の10月で原村暮らしが5年目に突入しました。
こちらに来るまでは群馬と言えば志賀高原から入って
本白根山と草津温泉しか知らなくて、
尾瀬の入口が群馬県なのももう一つの入口が福島なのも知りませんでした。
なぜか新潟の入口は知っていたのですが。

原村から2時間ほどで行ける裏妙義、紅葉谷を
インレッドさんやizumiさんのblogで知って
通い始めて今年で3回目となりました。

いつもは勤労感謝の休日あたりが見ごろなのですが、
今年は今週中よとorihimeさんに教えてもらって
17日がお互いに折り合う日程だったので、出かけました。

IMG_7189.jpg

出発は裏妙義を背景にした国民休暇村、
裏妙義に登る人たちでにぎあう休暇村は閉館していました。

ほとんどの人が登山ですが、私たちは谷を目指します。

IMG_7053.jpg

最初は杉林です。

IMG_7061.jpg

しばらく歩くといよいよ紅葉谷に入ります。

IMG_7064.jpg



幾筋もの谷を越えて、たくさんの紅葉をページがめくられていきます。

IMG_7085.jpg

たくさんの登山者が登って行った裏妙義の山頂も見えます。
2時間ばかり紅葉を楽しんだら尾根に出て、
ここから谷急山に登るか、女道で谷を下るかになります。
もちろん女道です。ここの紅葉が圧巻です。
IMG_7094.jpg

その前にここで少し休憩して軽くランチにしました。
女道に行くのは私たちともう一組だけです。

IMG_7140.jpg

やっぱり来てよかったと思う景色でした。

IMG_7155.jpg


ここの枯葉に埋もれるだろうから抱っこかと思っていた
curumiは枯葉を蹴散らし大興奮。

orihimeさんと私は枯葉に埋まった道をおっかなびっくりで下りました。

沢沿いは少し心配なので抱っこしてcurumiと歩きました。



IMG_7163.jpg

出来ることならこの沢の紅葉も見てみたいなぁって思います。

IMG_7187.jpg

沢をなんとか乗り越え、やっと林道に出て
出発地点の国民宿舎に戻りました。


IMG_7164.jpg

沢はなかなか険しい道でしたが
何とか今年もきれいな紅葉が堪能できたと満足の一日でした。
orihimeさん、ありがとう。

紅葉があまりにもきれいで、下手な写真のレポは気が引けますが、
いずれ作成します。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

検索しましたら

裏妙義はコースがややこしそうですね。
谷へ行かれたほうが安全で紅葉もご覧になれてよかったですね。

今日は寒くて比良山系も初冠雪だそうです。

しーちゃん

この谷は広くて奥深いので迷うと大変だと思います。
遭難は間違って谷に降りてしまってというのが多いと思います。最近はにわかハイカーも多いので、知らない人には付いて行かないほうが良いかとも思いますよ。

No title

3回目の紅葉谷でしたか、その「紅葉谷」と言う名前は、私が
以前に勝手に付けた名前なのですが、今はすっかりメジャーに
なってしまいました。
curumiちゃんを抱っこしての、あの沢はちょっと大変でしたね。
次は逆コースの方が楽かも知れません。
  また来年も是非お出かけ下さい。

さえさん

まあ、原村暮らし5年目の節目突入ですね。
京都と原村を行ったり来たり・・・羨ましいわ~
《紅葉谷》やはり期待通り綺麗でしたね!
curumiちゃんと一緒に歩けて楽しかったです♪ 
すごい走りっぷりとパワーにびっくり!!
また、群馬の山に来て下さいね。
お世話になりました。

もう5年に

通われてもう5年になられましたか。
妙義山 どこにあるのかな?
あとで 地図で調べてみますね。
紅葉ももうぼちぼちおしまいかしら、
比良にも積雪があったようです。
六甲の紅葉の最盛期はもうすこしあとかなぁ、。

もう5年に

通われてもう5年になられましたか。
妙義山 どこにあるのかな?
あとで 地図で調べてみますね。
紅葉ももうぼちぼちおしまいかしら、
比良にも積雪があったようです。
六甲の紅葉はうすこしあとかなぁ、。

orihimeさん

こちらこそお世話になりました。
またご一緒できるのを楽しみにしていますね。その時はcurumiもよろしくお願いします。

インレッドさん

いつかは皆様のいかれる日にと思っています。逆コースもありですが女道は爽快に下るのが一番と思っています。
blogはいつも拝見していますよ。

てるみさん

群馬県でも日帰り圏内です。尾瀬の入口も群馬県ですが、ここは遠いです。
昨日は八ヶ岳に一日中雪雲がかかっていました、朝起きたら薄っすらと道が白くなっていました。少々中途半端な量でした