2018/02/13

雪山の寒さ忘れていました!

天気予報のコロコロ変わった3連休でした。
晴れマークが出たので、久しぶりにorihimeさんと待ち合わせしていました。

ルンルンで暗いうちからおにぎり作っていました。

kitayoko20181.jpg 

気温も高い!
と白々と明けてきた外を見たら雪が積もっている!

後で確かめたら10cm程でしたが庭に
は前の雪がかなり残っていたので大雪に見えました。

どっちにしても車出すのに雪かき!
約束の時間に行けないなぁ!という事で今回は中止

curumiをお迎えに来て下さったトレーナーさんが
大きな車でおもいっきりトレース付けて下さって、
そのあとも何台か大きな車がゆうゆうと通過していったので、
どこかへ行こうと云う事になりました。

雪山装備しているし、今からなら北横岳やね!

エコーラインの正面の車山は晴れ、
でも蓼科山は雲の中です。

kitayoko20182.jpg 

スキーヤーと登山客がゴンドラで山頂駅へ

ひゃ!寒!

そう言えば、八つに行く時はいつももう一枚タイツ履いてたなぁ!
(なんてこった!←これ相棒の胸の内)

kitayoko20183.jpg 

吹きさらしの坪庭の寒い事!

毎年、お天気見計らって来るのでこんなの初めてです。

kitayoko20184.jpg 

登山道に入ったら風は無くなったけど
新雪は歩きにくいです。

kitayoko20185.jpg 

いつもよりすこーし時間がかかったけど、北横ヒュッテ到着
お腹が減ったのでおにぎり食べながら
「クッション持ってこないとあかんなぁ」と相棒

さてさて山頂へは

kitayoko20186.jpg 

吹き飛ばされそうになりながらやっと山頂に到着
でも南峰に行く気力無し!

根石岳に比べたらまだまだやさしい風なんですが!
そくさと下ります。

kitayoko20187.jpg 

雨池辺りにも行ってみたいと
ワカンやスノーシュー担いできたけど

kitayoko20188.jpg 

美味しいもの食べて、温泉行こうと二人の意見は一致

なんでや!

kitayoko20189.jpg 
帰り道
朝、雲をかぶっていた蓼科山も顔を出しています。

まあ良いか!久しぶりに寒い雪山歩けて、
アイゼンは軽で済ませてしまったけど、
お正月に行く予定だった根石に4月頃に行ってみようか
という気分になりました。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

おお!

さえさん
 かっこいいー、
サクッと 北横岳ですね。
さむいんですね。
インナーはどれぐらい 着るのですか?
いい景色を、
ありがとうございました。

てるみさん

かっこよくないですよ。ロープウェイまで30分程、そこから坪庭横切って登山口に着いたら1時間程で山頂です。
ただ、お手軽だけど、色々なルートがあって、池巡りも出来るし、他の茶臼山とかも行けるし、その昔、ロープウェイ使わずに白駒池に行こうと思って、(ロープウェイ使った方が早いって知らなかっただけですが)これじゃ日が暮れるって諦めて、翌年再チャレンジで池まで行きました。でも、もうその距離スノーシューで歩けないわ!

さえさん

わあ、なんにも見えない厳しい北横でしたね!
これでは私も南峰止めて美味しいものと温泉の方が良いわ。

雪掻きして車出して・・・お疲れさまでした。
また、ご一緒出来る時を楽しみにしています。

orihimeさん

ホント残念でした。
でも雪景色はそれなりにきれいでした。
なにより歩けた事が良かった。
久しぶりに顔覆いましたよ。
ランチもお見せに入ったら1時で連休にしては空いていました。温泉はどこか遠くと思っていたけど家から400mのもみの湯でした。

簡単に登る事が出来るので、

何度かスノーシューを始めた頃には登っていました。
春先の乗鞍岳をのぞけば、2500m近くある北横岳は標高がかなり高い!!
私が最近、毎年のように行く日光白根山の手前、弥陀ヶ池で2300mです。

北横岳に登った時、カメラが動かなくなったし、まつ毛やフェイスマスクに吐く息がパリパリに凍った記憶もあります。

温泉に行きた~い!!

izumiさん

北横はスノーシュー遊びには良いところですね。
安全だしコースも分かりやすいですね❗
でもこの日はorihimeさんと待ち合わせていたのです。外を見ないでノンビリお楽しみおにぎりしてました。
4月から月10日勤務にすると言ってますので何処かでorihimeさんともどもご一緒したいですね。

十分に

さえさん 十分にカッコよいです。
この時期 こんなに 樹氷があるところへ
行けるんですから。
「北横岳フュッテ」ってロゴ見ただけで
涙でますよーー。

てるみさん

ありがとう。
高い所は何と言っても風対策です。
服装自体はそんなに変わらないけど、ゴアのジャケットとパンツは必須ね。
あと手袋帽子も風を通さないものが必要です。
根石の小屋から山頂まで15分もあったら行けるけど、風で寒くて歩けない事がよくあります。手袋も帽子も3枚、顔かくしてサングラスしても駄目な時は駄目です。
それと尾根に出る前に着こむ事。
幾ら服を入れていても寒いと思ってからでは遅いのです。
小屋に泊ると色々教えてもらえます。