2018/04/25

ご無沙汰していた乗鞍

連休前の日曜日です。(4月21日)
本来なら連休あたりに満開になる乗鞍の水芭蕉を見に出かけました。
2018norikura (4) 

目の前に乗鞍岳が見えてくると懐かしい思いが広がります。

さすが、この時期日曜日でもほとんど人がいません。
乗鞍は冬眠中というか冬はスキー客でにぎわっているので
つかの間の春眠中でしょうか?

2018norikura11.jpg 

この道は、朝早く散歩した道です。

途中にあざみ池に寄ります。

2018norikura (1)

私の好きな池の一つです。

 2018norikura (2)

初めてのスノーシューは武奈岳でしたが
二度目は乗鞍高原でした。
そしてこの池の廻りを歩きました。

池を一回りするとそのまままた進みます、
乗鞍岳の姿が見えてきました。

2018norikura (3) 

そしてキャンプ場から水芭蕉の群生地に入ります。

2018norikura (5) 

まだ咲きだしたばかりです。

2018norikura (7)

水芭蕉は咲き始めがきれいです。

 2018norikura (6)

一回りしたら遠まわりで戻ります。

2018norikura (8) 

ここはやどり木の多い所です。
このやどり木もスノーシューツアーの時に教えてもらいました。

2018norikura (9) 

大周りして駐車場に戻って、休暇村に向かいます。

2018norikura (10) 

ここも春眠中!

2018norikura (11)

牛留池の廻りを歩きます。

 2018norikura (12)

人も立ち止まって、乗鞍見上げます。

2018norikura (13) 

帰り道、乗鞍高原の手前の水芭蕉群生地へ寄り道、
ここは標高が低い分、満開でした。

乗鞍は思い出のいっぱい詰まった懐かしい土地です。

11月15日に上高地行きのバスが無くなります。
私たちは乗鞍の宿のご主人に釜トンネルまで送ってもらって、
上高地を散策します。晩秋と雪の上高地に
何度も足を運びました。
その後に、「私の上高地」というHPを作りました。

その宿で、夏沢鉱泉でスノーシューツアーのパンフを見て
初めて冬の根石岳に登りました。
すごい強風で歩けないと思ったのですが、
その時ガイドして下さった夏沢鉱泉の社長が
「こんなのそよ風」と・・・

そして毎年のお正月に根石に出かけて、
その言葉の意味を知りました。
なんとか根石の小屋までは行けるのですが、
小屋から山頂までわずか15分程ですが
行けない年が何度もありました。

HPも「私の上高地」から「いつか八ヶ岳山麓で」に変わりました。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

懐かしい、、。

雪の上高地に行きはった記憶があります。
 懐かしい乗鞍。
さえさんに 色々教えていただいて
主人を引っ張り上げたのが
もう9年も前かな。
教えていただいた、
無料温泉に 交代で荷物番をして
浸かりました。
懐かしいです。
ミズバショウのメッカなのね。

さえさん

思い出いっぱいの上高地なのですね。
咲きはじめのかわいい水芭蕉を見ながら、
残雪の乗鞍岳を眺めて歩く春のお散歩、
贅沢な良い時間ですね。

「私の上高地」から「いつか八ヶ岳山麓で」
に変わった所以がよくわかりました。

てるみさん

あの頃のHPって楽しかったね。同じ遠出でも関西発だと分かりやすいし。
車でしか行ってなかったので平湯からのバスは思い付かなかったわ。

orihimeさん

年2回の上高地と焼岳が定番でした。
その頃は山小屋に泊まれなくて夏沢が初めてでした。ってwifiのつながっている 夏沢にいます。今日は晴天の天狗岳に行ってきまました。

さえさんの原点ですね。

私がまだ山歩きやパソコン知る以前から山歩きもご趣味だったのですね。
大先輩ですね。
人がいなくて、ほんと贅沢な休日ですね。

しーちゃん

ここは20年近く前からのお付き合いでした。
金曜日の夜に到着して、土曜日に1日遊んで、日曜日のお昼頃に帰るというパターンで年に何度もお世話になりました。
まだ山小屋デビュー出来ない時に焼岳に登るのがたのしみでした。